「ココイタ」について

位置情報広告(ジオターゲティング広告)の役割

位置情報広告(ジオターゲティング広告)は、スマートフォンの位置情報を利用して、特定の場所に居る人、居た人にターゲットを定めてバナー広告を表示させるサービスです。
特定のエリア内で興味関心があるユーザーに広告配信することで、潜在顧客にアプローチすることが可能になるプッシュ型広告手段の1つです。

位置情報広告(ジオターゲティング広告)は、基本的に「認知拡大」や潜在顧客を顕在化することが得意な広告サービスです。
商品や資料請求など直接的な申込みつながることを目的とした宣伝には向いていません。

【ジオターゲティング広告のメリット】

  • ピンポイント配信が可能で、コストを抑えて効率よく広告配信ができます。
  • 従来のDMや新聞折込チラシなどを使った方法でも、地域に合わせた宣伝は可能です。
  • 新聞折込チラシを電子チラシにして新聞を購読していない方に届けることができます。
  • ターゲットユーザーの位置情報に合わせて適切な広告配信が可能です。
  • 配信にかかるコストもアナログベースの集客手法に比べると抑えられます。
  • 位置情報を利用しないWeb広告の場合、全国やある程度の広大なエリアに配信されてしまいますが、ジオターゲティング広告だと地域を絞って広告配信できます。
  • 行動履歴に合わせて配信ができます。(例えば、スーパーに5回以上訪問しているユーザーとか)
  • 配信の精度を高めて調整が可能です。(例えば女性は10:00~16:00に配信、男性は17:00~21:00に配信とか)

下記の図のようにプッシュ型広告とプル型広告のつなげる役割が位置情報広告(ジオターゲティング広告)になります。
※プッシュ型広告とは、ユーザーの意思とは関係なく、直接表示させる広告のことです。
※プル型広告とは、ユーザーが自分の意思で探して表示させる広告のことです。

ジオターゲティング広告の位置づけ

例えば、「直近1ヶ月以内に店舗周辺に来た人」「店舗から5km以内に住んでいる人」「○月○日~○月○日の開催された○○○○イベントに参加した人」「競合店に訪問した人」など、特定の期間で特定のエリアに居る人、居た人のスマートフォンに広告を配信して、新商品や新サービスを認知させて、顕在層に向けてアプローチする。